人間の体のエネルギーとは

こんにちは。

癒しのアロマ、整体、リンパマッサージをご自宅&ホテルで 。 マッサージマニアが選ぶ出張マッサージ stwoty(ストゥティ)の中西です。


先日、『体のエネルギーを高めることによって、思考や心に影響をあたえている・・・』
と書きましたがそれについてもうすこし。



七つの習慣のフランクリンコヴィ社の創業者であり、世界的有名なコンサルタントのロイス、クルーガー氏は人間のエネルギーは4つに分かれるといいます。


・フィジカル(肉体的なエネルギー)
・メンタル(知識、思考などのエネルギー)
・ソーシャル(人間関係などの社会的エネルギー)
・スピリチュアル(宇宙や自然とのつながりなど?)

そのうち、フィジカルのエネルギーをまず高めないといけないといいます。

フィジカルを高めれば、ほかのエネルギーも必然的に高まるそうです。


成功哲学などではよく、

「思考は現実化する」とか、「引き寄せの法則」とかメンタルやスピリチュアル面の大切さをよくいっていますが、

もちろんそのことが大切なことは当たり前ですが、

私はこのロイスの「まずフィジカル」という考え方はとても好ましく思います。



人間は体をもった精神体である以上、現実問題、体を使って行動しないと、思っているだけでは現実に何も動きませんからね~。



「そば食べたい!」って頭でいくら考えても、オーダーするときに「うどん!」って言えばもちろん「うどん」が出てきます。思考より行動が優先されるわけです。
あたり前だけど。


それと一緒で、「健康を保ちたい」と思っていても、それについてよいイメージばかりをしていて、病気なんかひきよせないんだ!

って頑固に言っていても、実際の行動は食事はジャンクばかり、睡眠不足に、運動不足、、、
となると結果はあきらかですよね。

現実社会では,心の中や良い思考より実際の行動が優先され、反映されるわけです。

たとえ話がいまいちですが(^-^;



まぁ体が疲れていたら、必然的に思考も心も鈍くなって
<コミュニケーションもしずらくなるし、直観の働きも弱くなる、、、
って普通考えたら、そうですよね。


もちろん、ほかのエネルギーも相互に影響をあたえあっているというのももちろんですが。


ただ、今まで10000人以上の体をみてきて思うのは、
心より、先に体のほうが正直でサインがでているのに、
案外みんなそれを無視している。
そうやって気づかず、心まで疲れ切ってしまったときにようやく体のことを振り返る。

そんな感じの方がとても多いのですが、
それだと本当に憑かれ(疲れ)を落とすのが時間がかかるのです。


「健全な肉体には健全な精神がやどる」とはよくいったものです。

時には何かのスキルを学んだり、セミナーにいくより、

散歩したり、体を動かしたり、マッサージを受けたりってなほうが

より自分のためになるかもしれませんね~


憑かれ(疲れ)きってしまう前に、定期的に自分の体のこと振り返る習慣をもちましょう。

そしてフィジカルのエネルギーを意識的に高めてみてください。
そうしたときに、何が起こるか確かめてみてください。

きっといろいろなことが変わってくるはずです☆

それではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする