疲れは憑かれともいいます

こんにちは。

憑かれをとってあなた本来の輝きを取り戻すお手伝いセラピスト 中西です♪

「憑かれって漢字まちがっていますよ~」



って先日読者の方からご指摘があったのですが、これは間違いではないのです。


疲れは憑かれともいうのです。

ご存知ですか?




以前務めていたところの社長が店長会議でこんなことをいっていました。

私はこの話が大好きで、よく後輩の子に伝えていたことなんです・・・

 

「いいか~。

どんな人間も元々はすばらしいんだ。

ダイヤのように輝いているんだ。


それが日常の体の疲れや気持ちの疲れがたまって


”何か”に憑かれちゃうんだ。

   

どんな悪い人間も最初から悪人だったわけじゃない。何かに憑かれてるんだよ。

小さい憑かれの積み重ねがそうなってしまったんだ。

 

君らセラピストの仕事はいわばそういったものを祓う巫女のようなものなんだ。

そしてマッサージすることによって血液の流れをよくして血液の浄化を行う、

君たちは体の掃除人なんだよ。

  

そうやって憑かれたものを祓って、心と体を浄化すれば

どんな人間だって本来の輝きを取り戻すんだ。」


と。

本当そうだなぁと妙に納得。 
 

人間ふと何かに疲れている時って、また疲れてそうな人って 

とり憑かれたかのような反応する時ってありません?


 ✔ぼーっとしていて現実にいない感じがしたり

 ✔ 起きてるのに電車を乗り過ごしたり

 ✔普段は言わないようなことを、きつく言ってしまったり、

   言わなくていいこと言ってしまったり。

 ✔判断が鈍くなって、普段はしないミスをしたり。


 そういうときって実際に心や体が疲れた~って感じていなくても

 憑かれちゃってるんだぁって妙に納得してしまいました。


 いや、別に霊とかじゃないですよ(笑)


 でも↑こんな時は要注意ですよ。


 小さな憑かれのうちに、とっておいたほうが身のためです。

  
 普段からできる自分のリフレッシュ法など見つけておきましょうね。




 自分じゃ手におえないって方は、心と体のお掃除セラピスト亮子におまかせあれ(^-^)




 あなた本来の輝きを取り戻すお手伝いをさせていただきますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする