「お客様は不満足にしてかえせ」の極意 

携帯090-2459-0196 (受付15時から23時まで)
☆留守電にはお名前とご用件をお願いします!手紙 okkoma-stwoty@i.softbank.jp (24時間)

お問い合わせフォームはこちら

こんにちは。

癒しのアロマ、タイ古式、整体、足踏みマッサージをご自宅&ホテルで。 マッサージマニアが選ぶ港区六本木・西麻布の出張マッサージ stwoty(ストゥティ)の中西です。

先日恒例の?お部屋のデトックスをしていたら、

以前働いていた店での、店長会議のときのメモ書きやらノートが出てきました。

もう5年以上前のものですが、たまに初心を思い出すべく

読み返したりしています。

「お客は不満足にして返せ!」

この時の店長会議でのテーマは、

リピーター率を上げるための接客について、みんな話あっていたときでした。

これはマッサージサロンでいうと、どういう意味だと思いますか?

これにはみんな意味がわかりませんでした。

「お客様を怒らせたり不満足にして印象に残す!」

と誰かが言いました。

そんなアホな~あせる

「時間内で全部をほぐさないで、もうちょっとほぐして欲しいなぁというとこでやめる!」

それもまさか~

と思っていたら、案の定

「違う。」

ホッとしました汗

なんだろう~

とみんな考え込んで、

シーンとしてたら、社長がこんな質問を。

「みんなは30分3000円のマッサージの価値が

3000円だったらもう一回その店にいくか?」

「おれだったら、いかないな。別の店にいく。」

「これがヒントだ。」

と言われ、さらによくわからないことに。

不満足と何の関係が・・・?

当時の私は全く意味がわかりませんでした。

続きはまた次回パー

ご予約はこちら虹
営業時間 24時間 不定休
☆料金・メニュー詳細/☆出張エリア
☆施術の流れ/☆お客様の声
☆プロフィール/予約状況
携帯090-2459-0196 (受付15時から23時まで)
☆留守電にはお名前とご用件をお願いします
手紙 okkoma-stwoty@i.softbank.jp (24時間)
お問い合わせフォームはこちら